豆腐庵 山中

新米カウントダウン

2017.10.10

神嘗祭をご存知でしょうか。神宮さんでは1年を通して1000回以上のお祭りが古式ゆかしくおごそかに執り行われておりますが、その中で一番大切なお祭りが神嘗祭です。
天照大神様が稲穂を手にされて、これを日本の国人の糧になさい、と孫の瓊瓊杵尊に託された。毎年、初穂をおそなえして、今年もお米が実りました、と豊作のお礼を申し上げるお祭りが神嘗祭です。
内宮さんの神嘗祭は10月16日の夜です。

神様が召し上がるまでは、新米を食べない。
伊勢ではそんな風習が昔は少なからずあったそうです。我が家にはまだそれが残っていて、10月17日まで新米は食べません。
この頃は、おせんべいのパッケージにもわざわざ「新米」と書いてあるので、おせんべい好きの店主は一生懸命我慢をしています。
でも、待った分、10月17日の新米の味は格別です。

ご近所のおかげ横丁に初穂が掛けられていました。神嘗祭はもうすぐです。(山中)

秋の気配です

2017.09.05

 

夏休みが終わり、赤とんぼが急に増えました。
涼しさに誘われて、ふらりと夜、散歩に出たくなるのもこの季節です。

神宮さんの森のおかげでしょうか、ここは夜から朝の間に空気が浄化されていくように、いつも思います。
空気が澄んでいるので、いにしえの雅な人たちは、笛を奏でたり箏を弾いたりしたくなったのだろうなあ、と遠いご先祖様に思いを馳せたくなる、そんな秋の夜の宇治橋前です。

紅葉の美しい深い秋も素敵ですが、夏からバトンを受け取ったばかりの秋の初めも気持ちの良い季節です。(山中)

新顔です

2017.07.15

ミンミンジージーと蝉の鳴き声が聞こえるようになり、今年も夏がやってきました。
スタッフが交代でせっせと打ち水をする毎日です。

今日はかわいい新商品のご紹介です。
マスキングテープ。スタッフの一押しです。
うちの店のおとうふソフトとうの花どーなつがミックスされた柄です。
ちょっとしたメモやラベル、お菓子の袋など、あちこちに使っていただけると嬉しいです。
特におとうふソフトの柄がこれからの季節、活躍してくれそうです。
おひとついかがですか?価格は290円(税込)です。

そして、お待たせしました。
7月15日より夏休み限定の「豆乳シェイク」が始まります。
さっぱりした味で、このメニューを待ってくださるお客様から「シェイクはまだですか?」と
嬉しいお問い合せをいただきます。サイズはふたつ、テイクアウトできる大が290円(税込)店内用の小が220円(税込)です。(北井)

五十鈴川

2017.06.06

初夏の五十鈴川はとても美しいです。
宇治橋より川下「よぼ」と呼ばれる場所があります。
ここ内宮さんのおひざもとで住まいさせていただく私たちはこの「よぼ」で泳いで育ちました。
立ち止まった時期に、お伊勢参りにいらした方に喜んでいただくにはと改めて一生懸命考えてここの一番の自慢はやはり空気と水だと思いました。
そして、五十鈴川の水を生かした豆腐を作ろうと決めました。
五十鈴川の美しさにはっとするとき、いつもその頃の気持ちがよみがえります。

いせわんこ

2017.05.10

4年に一度開催される全国菓子大博覧会、その名もお伊勢さん菓子博2017が今、伊勢で開催されています。
菓子博が始まって以来、ご近所さんとの挨拶が
「行きました?菓子博」
「行きました!菓子博」
というのが定番です。
その公式キャラクターいせわんこがご近所に登場!江戸時代、飼い主にかわってお伊勢参りにきたというおかげ犬がモチーフになっているのでしょうか。江戸時代のお菓子らしく、だんごを両手に持っています。お鼻のあたりがリアルに犬らしく時々しわがよります。一緒に写真を撮影しようという方たちで、大人気でした。
菓子博は5月14日までです。(山中)
www.kashihaku-mie.jp